カードローンには2つの審査が通らないといけない?

【仮審査と本審査の2つの審査について】

 

カードローンには仮審査と本審査と言われる2つの審査があります。

 

それら2つの審査に合格しないとローンが受けられません。

 

 

 

まず、仮審査から説明をしていきます。

 

仮審査は審査申込の時に入力した情報に間違いないか調べて、不備がなければ審査が通る簡単な審査の事です。

 

あくまでも簡単な審査なので、入力ミスさえなければ通ると言ってもいいでしょう。

 

カードローンが普及したのは、仮審査の早さが大きく影響したと思われます。

 

 

 

次に、本審査の説明です。

 

本審査は仮審査の情報を元にさらに詳しく調べていく審査の事で、具体的には本人が提示した情報が信頼できるかを見ていきます。

 

場合によっては会社に連絡を取り在籍確認をする事もあります。

 

ここで詐称などが発覚すると不合格となり、審査に落ちる事になるのです。

 

落とされるケースとしては、仮審査の申込書類の年収や勤続年数、他社のカードローン借り入れ歴の詐称が挙げられます。

 

 

 

仮審査と本審査に合格して始めてカードローンの借り入れができるのです。

 

 

 

仮審査と本審査に通らないと借り入れが出来ないのでは厳しい審査だと思われるがちですが、最近ではそんな事もないようです。

 

例えば、銀行系のカードローンは審査が通りにくいとおもわれがちですが、最近では消費者金融のカードローンと同じく、比較的に審査が通りやすくなっています。

 

銀行系のカードローンの審査が通りやすくなった背景には、銀行が消費者金融会社を自社の傘下に置く事で、カードローン事業がスムーズに運営していく事ができるためです。

 

一昔に比べるとカードローンの審査も緩和されてきて、カードローンが身近に感じられるようになってきたのではないのでしょうか。

↓アイフルよりもおすすめのカードローン↓

 


 

アコム

 



ホーム RSS購読 サイトマップ