カードローンをキャンセルする時の注意点

【キャンセルする時にはとにかく早めに連絡】

 

カードローンに申し込んだ後に、キャンセルしたいというケースもあるかもしれません。

 

そのようなケースでは、状況によってはキャンセル可能なことが多いですが、その時の注意点について紹介します。

 

まず、大事なことはとにかく早めに連絡を入れるということです。悩まずにすぐに電話連絡してキャンセルしたいと伝えることが肝心です。

 

これは、審査が終わってカード発行段階になっているとキャンセルできない可能性があるからです。

 

逆に、審査が始まる前やカード発行手続きが始まる前などであれば、ちゃんとキャンセルの連絡をすればほぼ可能です。

 

最近のカードローンは、審査の時間もかなり短くなっており、早い場合には即日融資可能というようなカードローンも多数出てきています。

 

したがって、キャンセルの連絡を入れる際には、カード発行手続きまでに間に合わせるために急いで行う必要があるのです。

 

 

 

【キャンセルにならないように申込み前に検討】

 

カードローンのカードが発行された後にキャンセルする場合には、その情報が信用情報の中に記録されてしまいます。

 

発行してすぐキャンセルという行為はあまり良くない情報となってしまいますので、将来的に金融機関での審査に対して影響を及ぼすことが考えられます。

 

 

したがって、カードが発行される前にキャンセルするということが重要なのですが、そもそもそのようなキャンセルをしなければならないということにならないために、申込み前によく考えましょう。

 

 

カードローンのキャンセルは早めに連絡すれば可能ですが、手続きの流れによって信用情報を傷つける恐れもありますので、申込む前に必要性について今一度考えるようにしてください。

↓アイフルよりもおすすめのカードローン↓

 


 

アコム

 



ホーム RSS購読 サイトマップ