カードローンの仮審査を通過するために

カードローンの利用を検討する際に一番気になるのがまずカードローン会社の“仮審査”ではないでしょうか。

 

カードローンの審査の基準などはカードローン会社によって基準が異なり、

 

どのような基準で何を審査するのかなど、利用者には知らされないためにどうしても不安にはなります。

 

カードローンには、銀行系カードローン会社と、消費者金融会社系のカードローンがあります。

 

この2種類のカードローンでもそれぞれ審査の基準は異なるそうです。

 

この2つのカードローンで共通している点としては、

 

契約者の年齢・勤務先・勤続年数・年収・現在の他社からの借入額の調査。

 

この点についてはどちらのカードローンでも審査対象となります。

 

 

 

<仮審査を通過しても油断は禁物です>

 

カードローンの仮審査が通ったからといって、本審査に通る保証はありません。

 

仮審査というのはコンピューターを使った自動審査となります。

 

入力された情報を信用情報機関に照会するものです。

 

他社からのいくつもの借り入れがあったり、他社と契約時に滞納やトラブルといった

 

事故情報があったりすると、仮審査の段階でも落とされることがあるそうです。

 

最近では携帯電話を割賦契約した場合の滞納さえも厳しくチェック、

 

判断されることがあるそうなので気をつけなければなりません。

 

 

 

新たにカードローンを申し込み審査に通りたい場合には、現在の借り入れの件数と金額を減らす努力、

 

そして事故情報が消える時期を待つことが大切です。

 

他の会社で審査をしたばかりという場合には、少し期間をあけてから申し込みをする必要があります。

 

あまりにも短い期間で何社も仮審査を依頼すると、その行為だけで信頼を得られなくなり

 

審査が通らなくなる原因となってしまうことがあるそうです。

 

↓アイフルよりもおすすめのカードローン↓

 


 

アコム

 



ホーム RSS購読 サイトマップ