カードローンの仮審査において重要視されることとは

・カードローンの仮審査では過去の返済記録などについてチェックされます。

 

 

 

カードローンへの申し込みを考えている場合、気になるのが仮審査、そして本審査です。

 

過去の借入れ・返済記録について必ず調査されると思って間違いありません。

 

返済記録で問題になるのは、過去のある時点においてローンの返済を繰り返し延滞した、完済しなかったことがあるなどの事故記録です。

 

よしんば仮審査でこのような事故記録が見過ごされたとしても、本審査では必ず信用情報機関に対して問い合わせが行われます。

 

信用情報機関にいまだ事故記録が残っている状態での申し込みは、審査にはまず通りませんので、ご自分の返済履歴については、新規の申し込みを行う前にきちんと把握しておくようにしてください。

 

 

他に問われるのは、他社からの借入れ総額、それからトータルで何社から借入れを行っているかなどです。

 

実際に今現在残っている返済残高について問われた場合、その正確な数字を述べる必要があります。

 

審査に通りたいからといって、問われたことに正直に答えないのはかえってご自分の不利になります。

 

しかし年収に対する借入れ総額の割合があまりにも高いと、審査に通らなかったり、たとえ通ったとしても限度額が低く抑えられる場合があります。

 

 

 

【仮審査とはいえ、申し込みは慎重に行うべき】

 

現在では仮審査はオンライン上でスピーディに行なわれています。

 

この手軽さと手早さのため、時間をおかずに次々にいろいろなカードローンの仮審査に申し込んでしまう方がいるようです。

 

仮審査とはいえ、入力された内容はチェックされるわけですので、カードローン会社の中には複数社に対して同時に仮審査を申し込んだことを問題視するところもあるようです。

 

意図しないにも関わらず、仮審査の段階で不利な扱いを受けるのは勿体ないといえますので、仮審査に申し込む際には注意が必要です。

 

くれぐれも必要のない仮審査にまで申し込まないようにしましょう。

↓アイフルよりもおすすめのカードローン↓

 


 

アコム

 



ホーム RSS購読 サイトマップ